【洋楽レポート】トニー・ベネット特集!伝説のソロ曲やコラボ曲をご紹介

洋楽を楽しむ

2023年7月21日、歌手のトニー・ベネットさんが96歳で亡くなりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

お恥ずかしながら、私がトニー・ベネットを知ったのは彼がレディー・ガガとコラボした時でしたが、それがすっごく好きになって、本当に最近ですが彼の楽曲に魅せられていました。

今回はトニー・ベネット特集として、ソロ曲にコラボ曲に、イチオシの楽曲を集めてみました。彼が残した名曲の数々を堪能しましょう。

トニー・ベネットが歌った名曲の数々

The Boulevard of the Broken Dreams

『夢破れし並木道』

リリース:1950年

1950年、トニー・ベネットはこの曲でデビューしました。

デビュー曲から雰囲気バッチリ。優しく豊かな歌声が、幻想的な世界へと導いてくれます。

Because of You

『君ゆえに』

リリース:1951年

デビュー翌年の1951年、『ビコーズ・オブ・ユー』が大ヒット。ここからトップ歌手としての道を歩んでいくことになります。

この曲がリリースされた当時は25歳半ばですから、96歳までの約70年間、米国を代表する歌声を多くの人々に届け続けたことになります。すごい功績です。

I Left My Heart in San Francisco

『霧のサンフランシスコ』

リリース:1962年

彼の歌声を世界中が知るきっかけとなったのが、この『霧のサンフランシスコ』。グラミー賞も受賞した、トニー・ベネットの代表曲です。

The Best Is Yet to Come

『ザ・ベスト・イズ・イェット・トゥ・カム

リリース:1962年
収録アルバム:I Left My Heart in San Francisco

タイトルは「まだまだこれから」という意味です。ミステリアスな雰囲気の中に、トニーの明るく軽やかなヴォーカルが入ったことによって、聴く者を歌詞の通り前向きな気持ちにさせてくれますね。

フランク・シナトラの収録で有名なこの曲ですが、トニー・ベネットのために書かれた曲なのだそう。多くの著名な歌手によっても歌われ、愛されてきた歌です。

The Way You Look Tonight

『今宵の君は』

リリース:1958年(トニー・ベネットの歌唱によるもの)
収録アルバム:

愛してやまない女性の美しさを率直に、そして愛情深く歌う、不朽のラブソングです。愛にあふれたこの歌は、トニー・ベネットの深くてなめらかな歌声で。

うっとりと聞き入ってしまいますね。心が満たされて、いつの間にか体を揺らして心地良くなっている。彼の歌声は、私たちを贅沢な気分にさせてくれます。

Fascinating Rhythm | Tony Bennett & Diana Krall

『魅惑のリズム』

リリース:2018年(トニー・ベネットらのデュエットによるもの)
収録アルバム:Love Is Here to Stay

ジャズヴォーカリストであるダイアナ・クラールとのデュエットアルバムより。

トニー・ベネットは数多くの歌手とデュエットしています。その中でも代表的な曲をいくつか続けてご紹介します。

The Very Thought of You | Tony Bennett & Paul McCartney

『君を想いて』

リリース:2006年(トニー・ベネットらの歌唱によるもの)
収録アルバム:Duets – An American Classic

英米のレジェンド2人による豪華なデュエットです。古い友のような見事にマッチしたデュエットですね。

It Had to Be You... | Tony Bennett & Carrie Underwood

『もしあなただったら』

カントリーミュージシャンであるキャリー・アンダーウッドとのデュエット。それぞれの声の良さが引き立てられ、魅力に引き込まれます。

I Get A Kick Out of You | Tony Bennett & Lady Gaga

『君にこそ心ときめく』

リリース:2021年
収録アルバム:Love For Sale

レディー・ガガとのデュエット・アルバムより。冒頭部分の伸びやかな歌声と、曲調が変わった後の甘くも華やかな歌声の両方が、レディー・ガガのソウルフルな歌声と共に堪能できる曲です。

トニー・ベネットは、さまざまなジャンルの歌手にとって尊敬すべき存在なのだとか。クラシックな音楽スタイルを貫きながらも、ジャンルを超えてさまざまなアーティストとのデュエットを実現させ、数多くの融合を楽しんでいたような印象を受けます。

トニー・ベネットの愛にあふれた歌声をいつまでも

トニー・ベネットの代表曲を、ソロとデュエットそれぞれ数曲ずつピックアップしました。

本当に素晴らしい曲ばかりで、いつまでも聴いていたくなりました。夢のような気分にさせてくれて、改めて、好きだなぁって。これからもずっと聴き続けていきます。

トニー・ベネットさん、数々の楽曲と、真心のこもった美しい歌声を、ありがとうございました。Rest In Peace. どうか、安らかに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました