【洋楽レポート】月曜日だからこそ聴きたい!気分を上げてくれる洋楽8曲

洋楽を楽しむ

洋楽ビギナーの方も、洋楽マニアの方も、シェルビーの部屋へようこそ!

今回は、月曜日の憂鬱さを誤魔化したり消し去ったりして、気分を上げてくれる曲を集めました。イメージしたのは、スカッとした気持ちで月曜日を迎えること。明るい気分で過ごせて、また次の週末が純粋に楽しみになること。

楽しすぎてしまうと逆に休日に戻りたくなるので、ただテンションが上がるだけでなく、がんばる気持ちを後押ししたりモチベーションを上げたりもしてくれる曲を選んでいます。

仕事前だけでなく、仕事中も頭から離れなくなっちゃう楽しい曲ばかりです。ぜひ最後までご覧ください!

月曜日に気分を上げてくれる洋楽

Shake It Off | Taylor Swift

シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!』テイラー・スウィフト

リリース:2014年
収録アルバム:1989

テイラー・スウィフトの、「噂や批判的なことを言われたって、私は私のペースとやり方でやっていく。気にしないで踊り続ける♪」という、底抜けに前向きな自分応援ソングす。

私たちも、嫌なことはあまり気にせず、今日が月曜日だなんてことも考えずに。あと何日で休日かなんて考えてしまったら、気分は落ちる一方ですよね。だからそんなこと、気にしてなんかいられません。

今、この瞬間のことだけを考える。そして今この瞬間は、この歌があれば気分はノリノリでいられます。

About Damn Time | Lizzo

『アバウト・ダム・タイム』リゾ

リリース:2022年
収録アルバム:Special

“damn” は、「クソッ」とか「チェッ」という、口が悪いと言いますか、罵りやうんざりした感情の意味を持つ単語です。だからタイトルは「クソみたいな時間」という感じ。

落ち込む時もあるし、ストレスを感じて何もしたくなくなる時もある。でも自分自身をしっかり愛して、自分に「大丈夫」と言い聞かせて、音楽を流してお祝いしよう。そんな歌です。ノれるだけじゃなくて、しっかり励ましてくれます。

Faith | George Michael

『フェイス』ジョージ・マイケル

リリース:1987年
収録アルバム:Faith

ジョージ・マイケルは、“Last Christmas” などで有名なデュオ、Wham!(ワム)の元メンバーです。解散後にこの曲をリリースしました。

楽器の編成などはとてもシンプルなのに、どうしてこんなにノリノリになれるのでしょう?思わず手拍子しながらステップを踏みたくなってしまいます。踏めないけど、踏みたくなってしまうのです。

“faith” には、「自信」や「信頼」などの意味があります。この歌で歌われているのは恋愛においてのことですが、憂鬱な気分になってしまう月曜日の私たちにも、つらい時間を乗り切る自信を与えてくれそうです。

Moves Like Jagger (feat. Christina Aguilera) | Maroon 5

『ムーヴス・ライク・ジャガー(feat. クリスティーナ・アギレラ)』マルーン5

リリース:2010年
収録アルバム:Overexposed

ノれる。とにかくノれる。これ聴いて体を動かさずにいられる人なんてきっといません。何もしたくない気分になっているなら、音楽の力で、無理やり体を動かしちゃいましょう。

なんて言ったって、この曲は「俺は(ザ・ローリング・ストーンズの)ミック・ジャガーのように動くんだぜ」という曲。私たちも、これを聴きながらノリノリに、いや、ミック・ジャガーになりきるのです!音楽にノって、イケイケな感じで、ロックにいきましょう!

というわけで、ザ・ローリング・ストーンズのライブ映像も貼っておきますね。ご参考に☆

Party Rock Anthem (feat. Lauren Bennett & GoonRock) | LMFAO

『パーティー・ロック・アンセム(feat. ローレン・ベネット&グーンロック)』LMFAO

リリース:2011年
収録アルバム:Sorry For Party Rocking

この曲を選んだのは、単にノれるからというだけではありません。アンセムとは、讃歌、応援歌、代表曲といった意味の単語。私たちを讃え、応援してくれる曲という意味でも、今回のテーマにピッタリです。

・・・でもさすがにハイになりすぎちゃいますか?いや、この憂鬱な気分を上げるにはこれくらいがいいですよね!

さぁ!パーティー・ロックです。シンセサイザーのキラッキラした感じが、ちょっと幻想的な気分にさせますね。気分あげてきましょー!

Uptown Funk! (feat. Bruno Mars) | Mark Ronson

『アップタウン・ファンク!(feat. ブルーノ・マーズ)』マーク・ロンソン

リリース:2015年
収録アルバム:Uptown Special

こちらも体が勝手に動いてしまう曲です。しかもオシャレ。

歌詞がかなり俺様系で自信たっぷりで華やかなので、こちらまでイケイケな気分になってしまいます。「いっちょやってやりますか」みたいな気持ちで仕事に向かえるかもしれません。

沈んだ気分になる今だからこそ、根拠のない自信が大事!俺様でいきましょう。

Take On Me | a-ha

『テイク・オン・ミー』アーハ

リリース:1985年
収録アルバム:Hunting High and Low

アップテンポでスピード感あふれる曲と言えば、これ。

ついに月曜日が始まってしまったけれど、この時間がずっと続くわけではない。スピードに乗って、今日という日を一気に終わらせていきましょう。そしてこの曲に、明日の自分、明後日の自分のもとへ連れていってもらいましょう。

爽快感も味わえる曲なので、重たい心もきっと軽くしてくれますよ。

Ain’t It Fun | Paramore

『エイント・イット・ファン』パラモア

リリース:2013年
収録アルバム:Paramore

この歌は、①自分勝手な元彼へ向けた「どう?私がいない人生は。楽しいでしょ?」という怒りと煽りの歌、という解釈と、②孤独でも自ら自分を奮い立たせて成長しなければいけない私への煽りと応援の歌、という解釈ができるようです。

どちらの解釈でも、月曜日に聴くのによさそうです。

前者なら、元彼ではなく仕事や嫌いな職場の人に向けて歌うつもりで聴きましょう。「私がいないと困んだろ?」と。後者なら、スパルタ気味に、でもしっかりと愛情を持って、自分を励ましながら聴きましょう。「やれんだろ?がんばれよ!」と。

(煽りという解釈と汚い言葉遣いは私個人の勝手な感想です。)

まとめ:洋楽を聴けば月曜日だって気分が上がる!

月曜日に聴きたい、気分を上げてくれる洋楽。いかがでしたか?

支度中や通勤中など、仕事前に今回挙げた歌を聴けば、そのあと頭の中に音楽が残って、仕事中もノリノリでいられるはず!どんなことがあっても、心の中ではずっと踊り続けていましょう♪

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました:)

月曜日、がんばるぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました